オフィスの工夫が大切な時代


アフターコロナで働き方が多様化し、オフィスだけでなく自宅やカフェ、レンタルスペースなど様々な場所で仕事ができる時代になりました。
人の集まるオフィス以外で仕事をすることが取り組み強化されつつも、人と接することなく黙々と業務をすることがデメリットになっている部分もあります。
オフィスにはオフィスのいいところがあって、テレワークにはテレワークのいいところがありますが、いま注目されているのはオフィスの変革です。
これまでのようなオフィスの使い方では生産性を上げられなくなってきているのは事実としてある中で、今回はオフィスをどのように工夫していけばいいかご紹介します。

リフレッシュスペースを作る


社員のモチベーションUPや生産性向上を引き出すには、オフィスにリフレッシュスペースを設置することが一つのポイントです。
例えば、カフェスペース、お昼寝スペース、スポーツができるスペースなどです。
一旦、仕事から引き離してリフレッシュすることが、生産性向上ひいては業績UPにつながるので、積極的に取り入れていきましょう。

カフェスペースの設置


カフェスペースであれば、本格的なコーヒーがオフィスで飲めるようにコーヒーブランドとコラボするのも一つの方法です。ある企業では、スターバックスのコーヒーが飲めるように「We Proudly Serve Starbucks」サービスを取り入れて、スターバックス店舗と同じクオリティ高いコーヒーがオフィスで楽しめるようになっています。
オフィスにいながらほっと一息できるカフェスペースは、インテリア家具だけでなく「味わう」という面でもリフレッシュになるのではないでしょうか。

お昼寝スペース


「業務中にお昼寝?」と思う人も中にはいると思いますが、短いお昼寝を取り入れることで「頭がすっきりして午後からの仕事にも集中できる」と、数年前からオフィスにお昼寝スペースを設けている企業が増えてきています。
企業だけではなく、テナントやオフィスビルの中の共有スペースに他の企業の方も自由に使えるようにお昼寝スペースを設置していることもあります。
新たに部屋を作るのではなく、天井からカーテンレールとカーテン(中が暗くなるような分厚めの物)を取り付けて中が暗くなるようにして、リクライニングチェアーを数台置くと完成するので、さほど経費がかからず作ることができます。

スポーツができるスペース


社員のモチベーション、生産性の向上、業績を上げるには社員が気持ち良く、ストレスフリーな環境で仕事をするのが大切です。
そのためには、休憩スペースの設置はもちろんですが。スポーツができる場所を取り入れるのも一つです。
仕事帰りにストレス発散でジムやヨガなどに行く人も多いと思いますが、それを会社でやってしまおうということです。
スポーツをするとなるとある程度の場所を確保しなければなりません。これまで使用していた休憩スペースや空きスペースを時間指定で使うなら、新しく場所を作ることなく有効活用することができます。
ストレッチやヨガ、ビリヤード、トランポリンなど場所を広く使わないスポーツや娯楽なら経費もかさまずに済みます。
外で解放して休憩できるスペースがある場合は、バドミントンやミニバスケットなど取り入れても盛り上がりそうですね。

まとめ

オフィスをちょっと工夫するだけで、社員のモチベーションはガラッと変わります。気持ちがリフレッシュすることで頭が働き、業務効率が格段にUPすることが見込めます。また、新しい発想も出て来やすくなるのでアイデア勝負の企業なら社員のモチベーションUPのためのオフィスの工夫は大切です。
「あまり経費をかけたくない」「でも業績を上げたい」という企業は、ぜひ弊社におまかせください。

岡山オフィスづくり.comは、岡山県岡山市でのオフィス環境づくりのあらゆる業務に一括対応いたします。お気軽にご相談ください。

岡山県岡山市での
オフィス内装工事はお任せください

086-363-1114

受付時間:平日9:00~17:00

岡山オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
岡山県岡山市周辺
岡山県岡山市北区
岡山県岡山市東区
岡山県倉敷市
岡山県岡山市中区
岡山県岡山市南区