生産性を上げる快適なオフィスチェアの選び方


オフィスになくてはならないオフィスチェア。
デスクワークで生産性を上げるには快適な環境が必要ですが、そのうちの一つが1日の中でも一番使用するオフィスチェアです。
座り心地が悪いと、肩こりや腰痛の原因になり、デスクワークが捗りません。
今回は、社員の生産性を上げるオフィスチェアの選び方をご紹介します。

快適なオフィスチェアってどんなもの?


現在、オフィスチェアで検索するとさまざまなものがリリースされています。
簡易的なものから、フォルムにこだわりを持ったもの、見た目がオシャレなものまで多種多様です。
その中でも、デスクワークで使用するチェアは座り心地が良いものがいいですよね。
長時間座っていることが多い方なら特に仕様にもこだわった高機能タイプのオフィスチェアを選ぶのがおすすめです。

高機能オフィスチェアの機能とは?

快適な座り心地を実現する仕様の一例です。

・背もたれがフィットするような構造になっているもの(ハイバック)
・低反発クッションが装備されているもの
・通気性がよく蒸れない素材になっているもの
・肘掛けがあるもの
・腰痛サポート機能があるもの

このような機能を兼ね備えたオフィスチェアの種類のことを「エルゴノミクス」(人間工学)タイプと呼び、人間工学に基づいて創られた仕様になっているのがポイントです。
長時間座っていることへの体の負担を軽減するため、腰痛になりにくくする工夫がされていたり、背もたれが背中にフィットするようになっていたりと、さまざまな工夫がされています。

そのままリクライニングできるものを選ぶ

長時間のデスクワークで便利な機能は、ヘッドレストやアームレスト、フッドレストです。
体に負荷がかかる部分を休ませることで、長時間のデスクワークのストレスを軽減してくれます。それぞれに体に合わせて調節できるものが多いので、実際にリクライニングにして頭の位置や足に位置のどこが楽な体勢なのかを確認して選ぶのがおすすめです。
ずっと同じ姿勢では疲れてしまうので、時々体勢を変えながらこまめにリフレッシュできる椅子選びができるといいですね。

通気性の良い素材のものを選ぶ

オフィスチェアの素地もメッシュ素材、ファブリック素材、レザーなどさまざまです。見た目も違えば快適度も違います。
特に、体と密着する背もたれと座面の素材はできればこだわりたいもの。
長時間座っていることで蒸れたり、座面の形状が変化したりする可能性があります。
見た目ではおしゃれでも、実際にどれだけの使用頻度でオフィスチェアを利用するかで選ぶといいでしょう。

例えば、ファブリック素材は柔らかく、体にフィットしやすいのがメリットですが、形状が変わりやすいと言われています。
また、レザー素材は、高級感があって耐久性が高いことがメリットですが。通気性がよくないので蒸れてしまうデメリットがあります。
一方で、メッシュ素材は通気性がよく、クッション性が高いものも豊富にあります。本体自体も軽量なので、すぐに移動できるのもメリットです。
おしゃれな雰囲気はなくなりますが、デスクワークにはあまりおしゃれな要素よりも快適度が高い方が生産性を高めることができます。
最近は、オフィスチェアの構造も進化を遂げ、体にフィットしつつも体圧分散性を高めてくれるような立体形状の構造が人気です。

肘掛けありのものを選ぶ

肘掛けありとなしとでは、体の負担に大きな影響があるって知っていましたか?
肘掛けがあることで、肘が浮いた状態をなくすので、体圧が分散して楽にデスクワークをすることができます。
特にデスクではパソコンをすることが多い近年では、肘掛けはとても重要になってきます。
また、肘掛けは、背もたれでリラックスした時の体勢も楽にしてくれます。
肘掛けがないと両手の行き場がなく、だらんとした感じになってしまい腕が疲れる原因になります。

高さ調節できるものを選ぶ

オフィスチェアにとって高さを調節できることも大切。
デスクの高さに合わせて椅子の高さを合わせることで、快適にデスクワークができます。

できればレバー式で片手で操作できるものがおすすめ。
デスクワークから離れてリフレッシュする際にも簡単に高さを自由に設定できます。
オフィスチェアには調節機能が付いている場合が多いですが、価格が安いものは付いていないことも多いので購入する場合は確認しましょう。

オープンスペースや会議室用のオフィスチェアとの差別化も重要


デスクワークのオフィスチェアは個人の生産性を高めるとして重要な役割を果たしますが、オープンスペースや会議室などで使用するオフィスチェアは、大人数が様々な用途で使用することが多いことから割と低価格なもので数がある方がおすすめです。
となると、機能性は優先せず、事務用でよく使われるような回転式タイプがコストを抑えることができます。
カラー展開も豊富でシンプルなデザインのものも多いので、オープンスペースなどで種類を合わせたい時におすすめです。
会議室用のオフィスチェアに関しても、長時間会議というスタイルをなくすために機能性が低いオフィスチェアを使用していることが多いです。

まとめ

オフィスチェアはさまざまな種類がありますが、快適なデスクワークを実現し、生産性を上げることを目的とするならば、高機能なオフィスチェアをぜひ選んでください。
椅子一つで会社の業績が変わることを考えると、オフィスチェア選びはこだわることをおすすめします。

「おかやまオフィスづくり.com」では、岡山市北区・南区・中区・東区・倉敷市をご対応エリアとして、オフィスづくりのあらゆる業務を承っております。
オフィスチェアでお悩みの企業は、ぜひ当社におまかせください。
オフィスチェアの買い替え、どんなデザインがいいか、用途に合わせたオフィスチェアなどオフィスチェアのことなら何でもご相談に乗ります。

関連記事

高級オフィスチェアと通常オフィスチェアとの違いとは?メリットや選ぶポイントもご紹介

意外と知らない!オフィスチェアの”肘掛け”の重要性

この記事を書いたのは

担当山本山本凌
株式会社WORK SMILE LABO 営業

大学を卒業後、新卒で㈱ワークスマイルラボに入社。
オフィス関連商品はすべてお任せください。
お客様の理念やビジョンといったコンセプトを大切にし、それが伝わるオフィスづくりの提案を行っています。

お問合せ
見学

岡山オフィスづくり.comは、岡山県岡山市でのオフィス環境づくりのあらゆる業務に一括対応いたします。お気軽にご相談ください。

岡山県岡山市での
オフィス内装工事はお任せください

086-363-1114

受付時間:平日9:00~17:00

岡山オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
岡山県岡山市周辺
岡山県岡山市北区
岡山県岡山市東区
岡山県倉敷市
岡山県岡山市中区
岡山県岡山市南区