コロナウイルス感染症拡大リスクの軽減に配慮したオフィス提案

コロナウイルス感染症拡大の防止・減速が課題となる緊急事態においては、在宅勤務や遠隔会議といった「リモートワーク」を中心とした働き方が最優先されます。


また、平常時のオフィスワークにおいても、感染症拡大リスクを軽減するための配慮が不可欠といえます。

オフィスワークと在宅ワークの活用

多数の人が滞在・接触するオフィスでは、業務のしやすさにも考慮して、

1.「お互いの距離・位置を保つ」

2.「適度に仕切る」

3.「手指での接触を減らす」

4.「清潔を保つ」

ことが大切といえます。

これらの物理的なオフィスでの対策とテレワークへの対応を強化することで、オフィスワークのリスク軽減にもつながります。

オフィスでの対策関連ページ

各項目ごとに対策ページを設けてましたので、是非ご確認ください。
お互いの距離・位置を保つ
適度に仕切る
手指での接触を減らす
清潔を保つ


■リモートワークの対応策

・感染拡大の防止・予防策
・オフィス利用を縮小することで感染リスクの軽減
・自宅、コワーキングスペース等(サテライトオフィス・コワーキングスペース)以外のワークプレイスと制度の準備



■オフィスワークの対応策

・感染拡大の防止・予防策
・オフィスの利用制限と業務のしやすさの両立
・リモートワークへの対応強化(IT・機器の活用、作業環境、文書管理 など)



テレワークの導入を検討される場合は

テレワークを導入するなら!
述べ100社に及ぶ中小企業のテレワーク導入の支援を行ったワクスマにお任せください。



関連記事

コロナ第3波に備え企業が対策できること一覧 オフィス縮小に伴う事務所移転やコロナ対策のレイアウト変更のご依頼が増えています! コロナウイルス感染拡大で注目されるテレワーク

この記事を書いたのは

担当山本山本凌 ダイヤスチール家具株式会社 営業 大学を卒業後、㈱ワークスマイルラボに入社。 グループ企業のダイヤスチール家具に配属。 お客様の理念やビジョンといったコンセプトを大切にし、それが伝わるオフィスづくりの提案を行っています。