オフィスに欠かせないキャビネット!売れ筋No.1オカムラ「レクトライン」のキャビネットがすごい理由とは?


近年は、書類などのデジタル化が進み、多くの企業で業務効率が上がっています。
しかしながら、現実的には、オフィスでの書類のやりとりがいまだに多く、ファイル整理や書類整理をしなければなりません。
そこで、そんな書類を保管するためにオフィスで必要不可欠なのが、「キャビネット」です。
今回、ご紹介するのはオフィス家具やオフィス製品などを展開する「オカムラ」の「レクトライン」をご紹介します。
弊社でもキャビネット売れ筋No.1商品であり、根強い人気があります。

レクトラインの特徴を一挙ご紹介


レクトライン商品ページはこちら

4方向から開け閉めできるマルチアクセルハンドル、マスターキーによる集中管理機能や収納庫の上置きや下置きの転用にもフレキシビリティに対応可能する、これまでになかったキャビネットです。

また、「グッドデザイン賞」を受賞し、多くの企業で取り扱いのある「レクトライン」は、どんなオフィスタイプにもなじみ、いまやオカムラ製品の売れ筋No.1を誇る人気商品となっています。

オフィス収納の新しいクオリティが、みなさまの日々の業務をサポートします。

4方向から操作できるマルチアクセルハンドルを採用


片手で上下左右4方向から操作できるマルチアクセルハンドルを採用し、使う人の開け閉めのストレスをなくした革新的な機能です。

把手が中央に取り付けられているのもポイント。上置き、下置きどちらも設置できます。

扉が両開き、180度開く仕様

両開きの扉で、180度開く独自開発のヒンジを採用した仕様なので、扉で通路を通る人のじゃまにもならず、収納の全体が見えるので、何が収納されているか一目でわかり、整理もしやすくなります。
また、両開き書庫、片開き書庫でヒンジが選べるようになっています。

取り入れやすい「スタンダードタイプ」と「ウッドタイプ」


シンプルで洗練された「スタンダードタイプ」とやわらかく落ち着きのある「ウッドタイプ」の2種類のラインアップです。

●スタンダードタイプ
清潔感のあるホワイトカラーで、シンプルなデザインが特徴です。豊富なバリエーションを自由に組み合わせて設置することができます。

●ウッドタイプ
やわらかく落ち着いた木目調のウッドタイプは、上質でリラックス感のあるオフィス空間を演出します。ハンドルは、個性的なシルバーラインとなっており、使い勝手はもちろんデザイン性にもこだわっています。

調節可能な棚板

16mmピッチでの棚板調整が可能です。収納物の大きさに合わせて棚の高さを変更できるので、書類やファイルに限らず収納したいものを収納でき、スペースも有効に使えます。

ラテラルファイル引き出し

奥まで引き出すことができるため、書類やファイルが取り出しやすく、検索もすぐにできます。キャビネットのお悩みで多いひとつが、「探している書類が見つからない」「書類の取り出しに時間がかかる」ということなので、奥まで引き出せるキャビネットは重宝します。
また、奥まで引き出せることで、ファイルの縦向きや横向きにも対応できるのが魅力です。

また、ラテラルキャビネットでは、転倒防止のため2段同時に引き出すことができないようにロックがかかる仕組みになっています。

ほかにもこだわりの機能が満載

・3枚引違い書庫
・ガラス3枚引違い書庫
・シャッター書庫
・シャッタークリスタルケース
・ガラス両開き書庫
・耐火金庫 ダイヤル錠式

など、書庫に関しての機能が満載です。
ただ収納するだけでなく、使う人が気持ち良く便利に使える書庫となっています。

セキュリティレベルを自分で選べる

さらに、「レクトライン」は、セキュリティ面にもこだわっています。
鍵の種類は全部でつ。

・シリンダー錠
・プッシュ錠/ダイヤル錠
・電子錠

「シリンダー錠」は、鍵を回転させて開閉するシリンダータイプで、開閉が一目でわかる表示付きです。(大型インジケーターユニットはオプション)
「プッシュ錠」は、自動施錠をするので、扉の開け閉めを防ぎます。
「ダイヤル式」は数字を合わせて開閉するタイプ。ワンタイム方式と連続方式の切り替えが可能です。
「電子錠」はカードをかざして開閉ができるというものです。管理者や責任者の仮負担軽減を実現。

オプションでつけられるもの

レクトラインをもっと使いやすくするために、オプションでつけられるアイテムをご紹介します。

1.大型インジケーターユニット
扉の開閉状態が一目でわかるように、「ロック時=赤」、「オープン時=青」を表すインジケーターを取り付けることができ、鍵のかけ忘れもすぐにチェックできます。

2.ブックエンド
棚板の前縁に引っ掛ける簡単取り付けが可能。
細かいファイルや書類が多い場合は、ブックエンドがあると便利です。

3.ファイルサポート
棚板の裏側にバーを固定して書類を支えます。
バーは移動式になっているので、ファイルが少量でも倒れることがありません。

4.鍵ポケット
鍵を差し込んで一時的に保管します。
マグネット式なので、邪魔にならないところに簡単に取り付けることができます。

自由自在に組み合わせられるバリエーション豊かな「レクトライン」

大きさや書庫のタイプのバリエーションが豊富なので、オフィスのサイズや用途に合わせて組み合わせることができます。

キャビネットは、基本的に場所を取るものです。
いいものが見つかっても「サイズが合わない」「こんなに場所を取れない」など大きさで悩むこともしばしば。
「レクトライン」なら、オフィスが小さくても大きくても、収納が少なくても多くても、どんなシーンにも対応するキャビネットなので、ぜひ収納に困っているという企業はご検討ください。

関連記事

決算前の駆け込み需要にも対応!納品事例のオフィス用品のご紹介
採用力を強化したい!オフィスでするべきこと5選

この記事を書いたのは

担当山本山本凌
株式会社WORK SMILE LABO 営業

大学を卒業後、新卒で㈱ワークスマイルラボに入社。
オフィス関連商品はすべてお任せください。
お客様の理念やビジョンといったコンセプトを大切にし、それが伝わるオフィスづくりの提案を行っています。

お問合せ
見学

岡山オフィスづくり.comは、岡山県岡山市でのオフィス環境づくりのあらゆる業務に一括対応いたします。お気軽にご相談ください。

岡山県岡山市での
オフィス内装工事はお任せください

086-363-1114

受付時間:平日9:00~17:00

岡山オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
岡山県岡山市周辺
岡山県岡山市北区
岡山県岡山市東区
岡山県倉敷市
岡山県岡山市中区
岡山県岡山市南区