テレワーク・在宅ワークをより効率的に行うツールのご紹介

緊急事態宣言の解除から約2週間。現在も東京ではコロナウイルスの新規感染者が報告されています。
まだまだ長期化する可能性が十分にあり得ます。

今回は特にテレワークを快適に行うための課題と
テレワーク環境の構築についての記事となります。

テレワークの導入率

働き方改革の推進でテレワークの活用が叫ばれてきました。
オフィス以外でも仕事ができる環境を整え、残業を減らすというのが大きな流れでしたが、テレワークの導入はなかなか進んでいませんでした。

平成29年の総務省の調査で導入率13.9%
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd144310.htmlhttps://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd144310.html

テレワークの導入のために整えるべき基盤があり、それをクリアしないと導入できないと多くの企業が後回しに推してきた結果です。

しかし、コロナウイルス感染拡大防止でテレワークを政府が推奨しました。
この政府宣言後にテレワークの導入が急増しています。

5/11の緊急調査では都内企業のテレワーク導入率は62.7%。
また、建設業・運送業など、テレワーク導入が難しいとされる現場作業や対人サービスでも、4月中に55%の企業がテレワークを導入していたことがわかりました。

コロナウイルスのためテレワークを導入せざるを得なくなった日本企業

現在はコロナウイルスのため
ウィズコロナで テレワークを導入せざるを得なくなりました。

会社への出社がNGで、毎日家での仕事になった企業。
以前は働き方の選択肢として「今日は出社、今日は家で」と選べていましたが
現在は出社禁止、在宅で仕事をとなったため強制的にテレワークを行うことになった。

準備期間を経ずに、急激な変化に対応させられた企業・従業員の方にはその弊害として

テレワーク疲れという症状が多くみられます。

疲れやすいテレワーク、健康的に持続するコツは?

疲れやすいテレワーク
実際テレワークに切り替えると
〇パソコンの画面を見る時間が長くなる
〇テキストを打つ回数の増加

PC前にいる時間は必然と伸び→パソコン作業の長時間化による疲れとストレス

また以前は移動など、気分転換が適度に図れていたが、在宅ワークにより
→自宅に缶詰め状態でストレスが解消されない・慢性的な運動不足

などテレワーク疲れの要因はこのような疲労とストレスが原因です。
いかに適度にストレス・疲れを抜くor疲れ・ストレスをためない環境づくりが重要です。

弊社では以前よりテレワークを推進し、自社でも実践しておりますので、テレワーク環境のおススメ商品を紹介します。

テレワーク環境 おススメ商品

パソコン

スペックはできる限りのハイスペックPC が良いでしょう。
リースなどで新しい機種を使いまわすほうが予算的に効率的な場合もございます。

ネット回線

早ければ早いほどよいです。
ZOOM ブラウザ データの送受信などネット回線は早いほどストレスなく仕事が行えます。

現在の自宅の速度を調べるには?
■Googleで「スピードテスト」と検索するだけ!
10Mbpsを下回っているようなら仕事に支障がでるかもしれませんので要注意。

また古いルーターを使用している方は、新しいルーターに切り替えるだけでも大幅な速度改善が見込める場合がございますので一度ご相談ください。

デスク


テレワークには昇降デスクがオススメです。
ずっと同じ姿勢・体制が続くと身体のコリや疲労感が蓄積されます。
特に床に座って作業を行うタイプのデスク(椅子を使用しないもの)は非常に疲れます。
アマゾンでも非常に売れてるので、購入した方は後に後悔されるかもしれません。

その点昇降デスクであれば、立って作業したり、椅子に最適な高さを設定して
テレワークをすることが可能となります。

チェアー

一番重要と思われるのがオフィスチェアーです。
腰痛の原因である姿勢の改善ができることで心身の疲れは大きく変わります。

弊社オススメのチェアーはやはりオカムラのオフィスチェアーです。
自宅での作業が格段に快適に行うことができるはずです。

弊社ではPC作業が中心の事務の方には、営業マンよりいいオフィスチェアーを使ってもらっています。

コンテッサ
コンテッサ
スラ―ト
スラ―ト

 

サブリナ
サブリナ
バロン
バロン

 

マルチディスプレイ


参照;https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/knowledge/telework/

ノートパソコンにつなぐことで、大きい画面で操作が可能となるため

マルチディスプレイでの運用は姿勢の改善と目の疲れの軽減に非常に効果があります。

最近ではHDMI を接続するだけで大きい画面で作業が行えますし、安価なものは1万円台からあります。

もちろん高価な商品にはそれだけの理由がありますので、用途に合わせて選択されると良いかと思います。

AMAZON ディスプレイ リンク>>

ノートパソコンスタンド

ノートパソコンはデスクに置くと、画面が目線より低い位置にあるのと画面が小さいために図のような猫背の姿勢になりがちです。
ノートパソコンスタンドがあれば姿勢の改善に役立ちます。
価格も低価格からありますので、是非一度お試しください。

AMAZONノートパソコンスタンド リンク>>

まとめ

テレワーク疲れを軽減できるオススメ商品を今回紹介させていただきました。

外回り、打ち合わせの時間がすべてパソコンの前になってしまうテレワーク。
パソコンを長時間使う習慣が無かった方には、慣れないパソコン作業で体のコリや眼精疲労などの健康面での影響が出てしまうことが予想されます。

適度なストレッチや、目の疲れを癒すアイテムなどを取り入れ、疲れやストレスを溜めない環境づくりが大切です。

弊社では、2016年からテレワークを導入し実践してきました。
その中で、生産性の向上の効果が出ています。
実際に今年テレワークを新規導入した企業様からも、生産性向上のご報告をいただいています。
このことからも、今後はテレワークが標準的な働き方となっていくと考えられ、在宅での仕事環境の整備は企業の急務になってくると予想しています。
一度に全てを整えようとせず、すこしずつテレワーク環境を構築していくのが成功の秘訣です。

是非テレワークの構築にお悩みの方はお気軽に弊社までご相談ください。

岡山オフィスづくり.comは、岡山県岡山市でのオフィス環境づくりのあらゆる業務に一括対応いたします。お気軽にご相談ください。

岡山県岡山市での
オフィス内装工事はお任せください

086-363-1114

受付時間:平日9:00~17:00

岡山オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
岡山県岡山市周辺
岡山県岡山市北区
岡山県岡山市東区
岡山県倉敷市
岡山県岡山市中区
岡山県岡山市南区