ブラインドでオフィスの温度調整をしよう

ブラインド
オフィスではさまざまな温度管理がなされていると思います。
近年では、環境問題への意識が高まり、企業ではクールビズやウォームビズなどを徹底して行っています。
その中でも、今回ご紹介したいのは「オフィスの温度調節」です。
オフィスが快適でないと仕事も捗りません。オフィスの温度調整ができる対策とは、どのようなことから始めていけばいいのでしょうか。

オフィスの快適な温度とは?

オフィスが暑すぎたり寒すぎたりすると、業務にも影響を及ぼします。
効率よく生産性を上げるためには、快適に感じる温度管理が必要です。

労働安全衛生法にある「事務所衛生基準規則」には、空調設備があるオフィスにおいて
「部屋の気温が17度以上28度以下及び相対湿度が40%以上70%以下になるように努めなければならない」と記されています。

この範囲内で快適と思える温度調整をしなければいけません。
人の体感の感じ方はそれぞれなので、絶対的温度は計測できませんが、一般的な室温は25度前後で、湿度は45〜60%が目安といわれています。

快適なオフィスの温度調整対策とは?

ブラインド
ここでは、オフィスで快適に仕事をするための対策をご紹介します。

・照明をLEDに変更する
使用している照明が白熱灯や蛍光灯であれば、多くの熱量を発しているため室内の気温が上がることがあります。
しかし、LED照明は白熱灯や蛍光灯よりも発熱量が少ないため、付け替えることで温度上昇を防ぐ対策になります。
さらに、電気代節約にもなるのでおすすめです。

・ブラインドやカーテンを取り付ける
ブラインドやカーテンを付けて、日差しが差し込むのを防止することができます。
オフィスで快適な環境をつくるブラインドやカーテンがあるので、ぜひ検討してみましょう。

・ハイブリッドファンをつける
エアコンの風を部屋全体に行き渡らせるためにハイブリッドファンを取り付けることも対策のひとつです。
涼しい風や温かい風が均一に広がることで、一部分だけ暑すぎたり寒すぎたりすることがありません。

・フリーアドレススペースを設ける
現在、フリーアドレスを導入している企業はとても増えました。
フリーアドレススペースを設置することで自分にとって快適な場所で仕事をすることができます。

・空気清浄機や除湿機の設置
オフィスでは、窓を自由に開け閉めできない環境のところも少なくありません。
空気清浄機や除湿機を設置することで空気を循環させたり、湿度を設定することができます。

電気料金の値上げが継続

値上げ
電気料金が徐々に値上げされているのはご存知でしょうか。
今後まだまだ続くと予想されており、その理由のひとつがロシア・ウクライナ問題のエネルギー資源調達の困難といわれています。
2022年3月では、大手電力会社のほとんどが値上げを発表しました。
東京電力では283円の値上げ、4月も115円の値上げで推移。年間通しては1,000円越えともいわれ、それが10年も続く予想も出ています。

簡単にできて効果的!ブラインドで温度調整

オフィスの温度調整で簡単にできるのは「ブラインド」の設置です。
ブラインドがあることで直射日光をカットし、室内の温度上昇を防ぎます。

ブラインドの中にも種類があります。木製のものもあればアルミ素材のものもあり、素材によって室温が変わります。
特にアルミ素材は熱を吸収しやすいため、室内の温度上昇の原因になります。

おすすめブラインド「アカリナ」は涼しい

弊社がおすすめしたいのが「アカリナ」製品です。
詳細はこちら▶▶

【アカリナのブラインドの特徴】
・明るい
・涼しい
・折れない
・デジタルサイネージ

とくに、温度調整と関係する「涼しい」ところに注目してみたいと思います。
どのように涼しいのかを解説してみましょう。

従来のブラインド
アカリナブラインド

これまでのブラインドはブラインド自体が熱くなり、室内側へ熱を放出していましたが、アカリナの「リフレクト ブラインド」ならブラインド自体も熱くならず室内側に熱が伝わらない構造になっています。
アカリナの羽根は熱くならない特殊フラットを使用しているため、室内を明るく照らしながら夏場の暑さを防ぎます。

【製品紹介】
eco35・ECO35
詳細▶▶https://www.akari-company.co.jp/product_detail/eco35
再生プラスチックを使用した環境にやさしいブラインドです。
可視光線透過率31.6%。紫外線もカットするので、窓辺での業務にも最適です。
また、室内の明るさの加減を調整する製品ラインアップで、企業の室内環境に合わせて選ぶことができます。

reflect・リフレクト
詳細▶▶https://www.akari-company.co.jp/product_detail/reflect
https://www.akari-company.co.jp/product/akarina
「西日が暑い」「窓際と室内奥の温度差が大きく空調管理が大変」「パソコンの映りが気になる」「窓際が暑い」などの悩みがある企業におすすめのリフレクトのブラインドの種類です。また、熱の元である「近赤外線」をブロックすることも魅力。室内側に放出される熱量の値が低いため、室内の温度上昇を防ぎます。

hybrid・ハイブリッド
詳細▶▶https://www.akari-company.co.jp/product_detail/hybrid
光を通す「透過型」スラットと光の反射を抑える「反射型」スラットの両方を使用し、窓からの熱を抑えながら明るさを保ちます。

まとめ

ブラインドを設置することでオフィスの温度調整ができ、室温が上昇するのを防ぐことができます。
オフィスが広ければ広いほど電気料金も高くなりやすいので、ブラインドを設置して空調管理を行えば電気料金を抑えることができるでしょう。室温が快適に保たれれば業務効率もアップし、生産性も上がります。
もしも、オフィスのブラインド設置に悩まれている企業は、ぜひ弊社におまかせください。
ブラインドのご提案から設置まですべて行います。

関連記事

暑くなる前に設置しよう!オフィスにおすすめの暑さ対策商品ご紹介
オフィスの温度管理できていますか?

この記事を書いたのは

担当山本山本凌
株式会社WORK SMILE LABO 営業

大学を卒業後、新卒で㈱ワークスマイルラボに入社。
オフィス関連商品はすべてお任せください。
お客様の理念やビジョンといったコンセプトを大切にし、それが伝わるオフィスづくりの提案を行っています。

お問合せ
見学

岡山オフィスづくり.comは、岡山県岡山市でのオフィス環境づくりのあらゆる業務に一括対応いたします。お気軽にご相談ください。

岡山県岡山市での
オフィス内装工事はお任せください

086-363-1114

受付時間:平日9:00~17:00

岡山オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
岡山県岡山市周辺
岡山県岡山市北区
岡山県岡山市東区
岡山県倉敷市
岡山県岡山市中区
岡山県岡山市南区